野球体育博物館

戻る

東京ドームに併設されている野球体育博物館と印刷博物館を見学しました。

 野球博物館は東京ドーム・ビックエッグに併設された野球専門の博物館です

 地下鉄後楽園駅から
 陸橋を渡り左に回ると
 野球選手のレリーフが見えてきます

 ここが野球体育博物館です。

 東京ドームと同じ昭和63年の開館ですが、
 その前身は後楽園球場前に昭和34年にできました。
 入り口

 大人 400円
 小・中学生 200円

 団体割引有り

 休館日は月曜(祝祭日の場合と夏休み期間中は開館)
 エントランスからの階段を下りると背番号3のユニフォームがお出迎え
 階段
 ユニフォームのある壁の裏が野球殿堂

 階段を下りて左手がメイン展示室

 まずは現在のプロ野球チームのユニフォーム
 セパ量チームが前年の順位の順に並んでいます
 つづいて歴代記録をつくった選手ゆかりの品
 王貞治選手が練習で使った真剣
 後楽園球場にあったホームラン記録のプレート
 このほかに当時のユニフォームやバットなどが展示されています
 続いてプロ野球の歴史
 アマチュア野球の歴史
 世界に広がる野球
 初代野球盤
 球場の規格と各球場の大きさ
 多大ヒットした消える魔球付き
 ボールの科学
 バットの科学
 グラブの科学
 防具ユニフォームの科学
 野球殿堂
 野球に貢献した人物の
 プレートが飾られています
 階段を下りた右手に向かいます
 救援投手の乗るリリーフカー
 
 バッターボックスに立ち、プロ投手のフォームを見ながら体験
 奥の特別展示室は、長嶋茂雄展でした。
 
 長島茂雄の記念サインボールほか
 東京ドーム見学ツアーの案内
 ドーム土産の販売店
 ドーム前広場
 東京ドームからみた後楽園
 水道橋駅近く

 4駒漫画の芳文社
 屋上庭園
 散策路入り口
 後楽園入り口
 凸版ビル
 ここには印刷博物館があります
 残念ながら館内は撮影禁止

 昔の書物が展示していますから仕方ないですね。
感想掲示板に行く 街角玉手箱に戻る

飛鳥山三つの博物館横浜市電保存館交通博物館科学未来館江戸東京博物館江戸東京たてもの園
都電のコーナーせたがやせん江ノ電散策ゆりかもめ