東京都水道歴史館

戻る

 東京都水道歴史館は、
 文京区本郷2丁目にあります。
 丸ノ内線本郷三丁目駅と
 JRお茶の水、水道橋駅の中間になります。
 いずれも徒歩8分ほど
 開館時間 午前9時30分〜午後4時30分
 休 館 日 年末年始
 入 館 料 無料です。
 入り口

 まずは階段を上って2階へ
 江戸時代の上水道の歴史
 江戸上水史

 徳川家康が江戸に転されて時に開発された
 小石川上水(神田上水)から歴史が始まります。

 
 発掘された上水道・木製です。

 中央の桶みたいなのは上水井戸の一部
 江戸の上水井戸
 木製の水道管
 吹き抜けから下を見る
 木製の水道管
 神田上水の他に玉川上水など
 江戸の上水道の経路
 寛永年間に普請奉公上水方道方、石野広通が編集した上水記

 配水状況や土木技術を記録しています。
 隣の部屋にはいると
 突然長屋が
 井戸端会議が聞こえそうな
 江戸長屋の井戸付近の様子です
 1階に下りると近代の上水の歴史
 水道工事に使われた道具
 お抱え技術者
 馬水槽

 馬だけではなく人間用・猫犬用も併設されています。

 これはロンドン市から東京市へ寄贈された物だそうです。
 色んな種類の消火栓・共用栓など
 水の道を確かに 
 水道本管と枝管
 漏水を調べる機械
 上水ダム
 水道施設案内
 東京都の水源
 雨から水道水まで
 美味しい水を供給するまで
 水道管をもしたQ&Aコーナー
 東京都の水道関連施設
 お茶の水方面からくると見える看板

 右手は本館
 左手は給水場公園
 神田上水の再現
 神田上水石樋の碑
 上水はこの様に石の蓋で全て覆われていたそうです。
 花時計
東京都水の博物館に行く
下水道博物館に行く 本郷散策に行く
感想掲示板に行く 街角玉手箱に戻る
飛鳥山三つの博物館横浜市電保存館交通博物館科学未来館江戸東京博物館江戸東京たてもの園電車とバスの博物館
都電のコーナーせたがやせん江ノ電散策ゆりかもめ