飛鳥山三つの博物館

Topに戻る

北区・飛鳥山にある「紙の博物館」「北区飛鳥山博物館」「渋沢史料館」です。
最寄り駅はJR京浜東北線、営団地下鉄南北線王子駅・都電荒川線飛鳥山駅です。
運営母体は別ですが3館共通入場券もあります。
新しい博物館ですので身障者のための設備(点字ブロックなど)が充実しています。
この度感想用掲示板を用意しました。お気軽に書き込みください。

 飛鳥山公園の地図
 現在位置(赤)の右、茶色の建物が博物館群です
 北トピアからみた飛鳥山公園

 緑の中、真ん中やや左上に見える白いのが博物館群
 坂を上り、2階から入ります
 まず手前は「紙の博物館」
 大人300円・子供150円
 3館共通入場券は720と320円

 下左・3館共通入場券
 下右・紙の博物館パンフレット
 ホームページもあります。http://www.papermuseum.jp/

 休館日は毎週月曜(祝祭日の時は翌日)と年末年始
 10時から5時(入館は4時30分)は全館共通
 紙の博物館・受付
 手前は関連書籍販売
 奥は紙細工の土産物
 右手に入ると紙製造機械の実物模型が
 
 こちらでは受付で許可を取れば撮影可能です
 館内は丸くなっており、
 まず第1展示室(現代の製紙産業)で紙の作り方を
 紙パルプの原料,製造工程,製品についての展示,解説しています。

 1.紙パルプの原料のいろいろ
 2.木材からパルプをつくる
 3.古紙からパルプをつくる
 4.パルプから紙をつくる
 
 5.紙のようで紙でないもの
 6.紙の加工と複合
 7.新聞用紙
 8.印刷と紙
 9.印刷,筆記,図画に使われる紙
 10.情報用紙
 11.さまざまな加工紙
 12.包装と紙
 13.段ボール
 14.衛生用紙
 15.酸性紙と中性紙
 
 3階に上がり、第2展示室でリサイクルについて

 16.再生紙
 17.紙の寸法
 吹き抜けなので1階が見下ろせます。
 画像正面が入り口です。
 4階は第3展示室(世界の紙の歴史)
 紙以前の書写材料から,紙の誕生と伝播,和紙の歴史と製造工程,世界の手すき紙の歴史などを展示してます。
 また,各種の紙の風合いを実際に手で触って確かめられるコーナー(画像中央)もあります。
 1.いろいろな書写材料
 2.紙が生まれて世界に広まる
 3.日本の手すき紙−和紙の歴史I(古代〜中世)
 4.日本の手すき紙−和紙の歴史II(近世)
 5.和紙のできるまで
 
 6.いろいろな料紙の加工
 7.ヨーロッパの手すき紙の歴史
 8.手すきから近代的製紙産業へ
 9.和紙から洋紙へ
 10.手すき和紙の産地

 和紙で作った着物や城の模型
 4階最後は工芸美術品(折り紙とか)の案内と特別展示
 1階におり、図書館(蔵書7000冊)や体験コーナー
 
 おとなりは「北区飛鳥山博物館」
 大人300円・子供100円
 ホームページ・ http://www.city.kita.tokyo.jp/kyouiku/museum/
 受付
 右奥は書籍販売と閲覧コーナー

 床に点字ブロックがあるのが判りますか?
 入り口右側の階段を下ります
 降りてすぐの米倉庫模型(律令時代)
 こちらは館内の撮影は禁止ですので
 吹き抜けから縄文時代のコーナー
 北区で見つかった土器などが展示してあります。
 奥には江戸時代の物や荒川の生態系ジオラマなどもありました。
 入館パンフレットから館内地図
 3階は喫茶と図書館
 
 入り口左側の螺旋階段を上ります
 こちらは入館料が不要です
 更に隣は「渋沢史料館」
 大人300円・子供150円
 ホームページ・http://www.shibusawa-museum.or.jp/
 明治の偉人渋沢栄一翁
 右側に受け付け
 正面の階段を上り3階へ
 こちらも館内撮影禁止
 入館パンフレット
滝野川・地震博物館に行く
 感想掲示板に行く  街角玉手箱に戻る

横浜市電保存館交通博物館地下鉄博物館科学未来館江戸東京博物館江戸東京たてもの園
都電のコーナー
せたがやせん江ノ電散策ゆりかもめ