地下鉄博物館・旧館

新館に戻る

営団地下鉄東西線葛西駅にある地下鉄線物の博物館です。オープンは昭和61年7月。
江戸川区東葛西6−3−1・電話03-3878-5011
このページの画像は2003年6月1日・リニューアルオープン前の画像です。改装後との比較のためにそのまま残してあります。

この度感想掲示板を設けました。お気軽に書き込みください。2003/3/18 移転 アドレスが替わりました。お気に入りなどの登録変更をお願いします。

 営団地下鉄・東西線葛西駅

 このあたりでは地下鉄なのに高架です。
 葛西駅ホームの下に地下鉄博物館はあります。

 出口は二カ所有り、東側よりの改札を出てください。
 東口改札
 表示に地下鉄博物館口とあります。
 東口の改札を抜けてほとんど雨に濡れずに入館できます。
 
 入り口左手のレリーフ
 扉をくぐり左手が入り口
 入場券は地下鉄の自動販売機型

 大人210円・子供100円です。
 無料のロッカーも用意されています
 館内案内
 休館日は毎週月曜(祝日の時は火曜)・年末年始
 入り口も地下鉄の改札型
 切符の動きを見ることができますが、
 はっきり言って早すぎて判りません
 マーキュリー像は地下鉄の各駅でも見ることができます
 左はパンフレット
 下は館内案内より
 改札内からみた入り口
 改札を抜けると大手町をモデルとした模型がお出迎え
 左手の壁は地下鉄の歴史
 東京の地下鉄ネットワーク案内
 各線の主要駅の案内もあります
 最初の地下鉄銀座線の車両
 地下鉄の父、早川氏像
 柱を回ると
 初期の改札
 コイン(戻ってきます)を入れると通れます。
 銀座線開通時の浅草ホームを再現
 普段はホームから覗くだけですが
 夏休み中など長期休暇期間中は車内見学もできます。
 当時の衣装を着た人形が設置
 運転席
 今と比べると狭い。
 ランプ

 昔は線路の継ぎ目で点滅しました。 
 銀座線の歴史
 開通時のポスター
 初期の頃の制服
 
 線路のほうも再現
 
 丸の内線お茶の水駅のモデル
 スイッチを入れるとこの様に持ち上がります。
 開削工法のモデル
 シールド工法のモデル
 安全対策の説明板
 シールド工法によるトンネル実物模型
 パイプ類もちゃんと再現されています。
 運行指令の模式図
 電力供給システム
 ブレーキの実物模型
 千代田線の実物大運転席によるシミュレーター
 係りの人が補助してくれます
 こちらはワンモニターによるシミュレーター
 8000系シミュレーター
 5000系シミュレーター
 最新車両模型
 旧型車両模型
 このほかに大パノラマによる模型運転も行われています
 最新ホームの模型

 ホームにも扉があり、線路への落下が防げます
 日本の地下鉄の位置と車両
 世界の地下鉄車両
 催事場では年末年始には、
 日本各地の鉄道会社のカレンダー展が行われていました。
 営団地下鉄や都営地下鉄などは全月を添付
 そのほかの鉄道会社はめくって見れます
 売店・地下鉄饅頭はなかった(^^;
 テレカや文鎮、ペーパークラフトがメインかな。
 このほかイベント広場ではブラレールが走っていました。
 感想掲示板へ行く  街角玉手箱に戻る

飛鳥山三つの博物館横浜市電保存館交通博物館東急電車とバスの博物館科学未来館江戸東京博物館江戸東京たてもの園
都電のコーナーせたがやせん江ノ電散策ゆりかもめ