馬事公苑・愛馬の日

Topに戻る

9月23日は愛馬の日だそうで世田谷にある馬事公苑に行って来ました。
今回で33回になる愛馬の日はJRAの催し物です

毎週日曜日には何らかの障害競技等が行われているので、馬の写真の練習に使ってました。
以前に行ったときの画像はカメラコーエーさんのギャラリーに展示しています

01/10/05・画像追加

根岸・馬の博物館

馬事公苑は世田谷区にあり、農大の近くにあります
 今回は用賀からバスで向かいました。
 バス通りから
 ケヤキ通りを抜けます。
 当日は馬のアーチが入り口に
 入ってまっすぐのメインストリート
 左側はメインアリーナで、ここでは障害競技が行われます
 左側は走路で普段は区切られて練習が行われています。
 その内側にはグラスアリーナと雑木林や公園などがあります。
 入ってすぐある石碑
 当日はメインストーリーはいろいろな出店が出ていました
 手前の方はJRA関連の馬グッズ
 奥、メインアリーナー横当たりはいろいろな屋台が出ていました。

 飴細工をはじめ、トウモロコシ、綿菓子、焼きそばなど
 飴細工も馬の希望が多いようです。
 蹄鉄の種類と作り方
 実演コーナーもありました
 ここで作った蹄鉄を奥の方で実際に取り付けます。
 取り外して爪切り
 さすがに馬ともなると大きな刃物でばっさと
 馬事公苑の売店も当日は大繁盛
 いつもはネクタイ・ハンカチなどの馬グッズと
 焼きそばなどの軽食を売ってます。
 飲料水の自販機もあります。
 メインアリーナーでの馬のサーカス
 本日のメインイベント
 流鏑馬です
 馬は馬事公苑の馬を使います。
 元競走馬が多いのでつい速く走ってしまうのが欠点だそうです。
 メインイベントなので観客も鈴なり
 カメラを持っている人も沢山います。

 パット見たところ一眼レフが多いですね。
 レンズとしては100〜200mmが適当なようです。
 前日に練習で乗った馬なので人馬一体とはいかず
 矢を射るどころか構えもろくにできないシーンも(^^;;
 DimAGE7ではやはりシャッターチャンスが限られ
 こういったシーンではE-100rsを出すんだったと
 反省しきり。
 元は競馬馬なので全力で走ってしまい
 構えたときには的を通り過ぎていたなんて事も度々。
 それでも最後の方は的に当たることも多くなりました
 戦い終わって

 馬の方は走り足りないような(笑)
 顔を見て判る人は通ですね。

 ハイセイコーの実物大
 メインアリーナでは障害競争のデモンストレーション
 
 乗馬体験コーナー
 くるっと回るだけですが大人気のようでした。
 
 日本庭園
 遊園地も何カ所かあります。
 ひまわり公園
 さくら公園
 馬型の遊具
 愛馬碑
 練習場
 母衣引き
 鈴掛馬
 興奮気味で前に動こうとするのを押さえています。
 馬車
 馬事公苑・馬コレクション

最後までご覧になってありがとうございます。感想掲示板を用意しておりますので、お気軽に書き込み下さい。

動物園・水族館・植物園

飛鳥山三つの博物館横浜市電保存館交通博物館科学未来館江戸東京博物館江戸東京たてもの園電車とバスの博物館
都電のコーナーせたがやせん江ノ電散策ゆりかもめ大江戸線